フリーライターデビューへ向けて用意するもの5つ

HOW TO

さて、私が前職を退職し、晴れてフリーとなって働き始めてから約1ヶ月が経過しました。単発のお仕事もいくつかありましたが、現在はクラウドサービス経由で知り合った依頼主数名と、夫の紹介で知り合った依頼主1社と継続してお仕事をさせていただいています。

ストレスフリーな生活を実現させる動機に反して、張り切って仕事を詰め込みすぎたり、このブログの準備も並行して進めていたこともあり、しばらくはなかなかハードなスケジュールを送っていました。「会社員時代より忙しいんじゃないか?」と感じるくらい、本末転倒な状況となっている時期もしばらくあったと思います。

最近はようやくこの生活にも慣れ、主婦業と両立しながら、時々株式投資にも手を入れつつ、のんびりと執筆を進めています。執筆の流れも掴めてきて、始めの頃に比較して半分程度の所要時間で書き上げることができるようにもなりました。また、ほどよい力の抜き方も身についてきて、いい傾向かなと思います。

そこで、まだまだひよっこではありますが、何とかフリーライターの卵として形になっている私がデビューする際に用意したものについて、まとめておこうと思います。これからフリーライターとしてデビューを検討している方の参考になれば幸いです。

フリーライターデビューへ向けて必要なもの5つ

モバイルノートパソコン

とにもかくにも、ノートパソコンは必須です。逆にいえば、これさえあれば仕事ができるといっても過言ではありません。毎日の仕事のベースになるアイテムだからこそ、自分に本当に合うものをチョイスすることが重要です。最近は、ネット通販のほうが家電量販店より安めな価格設定となっていることが多いですが、実機に触れて使い心地を確かめる作業は必須です。最終的にネット通販で購入を検討していたとしても、まずは必ず量販店へ足を運びましょう。

フリーライターが、ノートパソコン選びで重視するポイントは以下の3つです。

・薄い
・軽い
・バッテリー駆動時間が長い

薄さ、軽さを重視する

主婦は家で作業をすることが多くなるかもしれませんが、時には気晴らしに外で作業をしたり、場合によっては依頼主と打合せを要することもあるでしょう。そういった観点から、持ち運びの利便性は重要です。最近のモバイルノートパソコンはますます軽量化されていますが、機能が多く搭載されているほど、意外に重量があったりもします。まずは薄さと軽さから、ある程度選択肢を絞っていくことをオススメします。

バッテリー駆動時間を重視する

外出先でいつでも電源を確保できるとは限りません。そのことから、電源を繋がずとも長時間の作業ができる環境は大変便利です。私は作業に没頭すると、あっという間に8時間以上経過していることもあるのですが、その間もバッテリー残量を気にせず仕事に集中できる環境というのは、かなりポイントが高いです。最低でも、10時間以上はバッテリー駆動が保証されている商品を選びましょう。

これらの観点から、私は東芝のモバイルノートパソコン「V62/F」(2018春モデル)を選択しました。夫から、新たな門出のお祝いとしてプレゼントをしてもらいました。

バッテリー駆動約17時間。がっつり作業をしても、朝から晩まで十分持ちます。薄さは15.4mm重量も約1,099gと申し分ありません。バッグの中でも場所を取らず、たいていいつも持ち歩いています。速さもスムーズでストレスがないし、フルサイズのキーボードは執筆作業も快適です。指紋認証ログインでプライバシーも安心。メインPCとして、十二分な機能を兼ね備えているので本当にオススメです。

おまけ

余談ですが、東芝のdynabook購入で応募できるGO!GO!フレッシャーズ応援キャンペーンというものが開催されていたので、ついでに応募したところ、見事当選し、賞品が届きました。製品のイメージキャラクターが有村架純なので、有村架純のポスターやUSBをはじめ、カタログギフトなどが賞品のラインアップになっていました。私はカタログギフトに当選しましたが、5,000円相当の上質なお肉を取り寄せることができるようなので、付加価値が高いですね。

ワイヤレスマウス

タッチパッドをストレスなく使うことができる人であれば不要ですが、私はマウスがないとまともに操作ができないため、同時にワイヤレスマウス購入も必須でした。ワイヤレスマウスには、無線2.4GHzBluetoothの2種がありますが、私は後者を選択しました。無線2.4GHzはUSBレシーバーをパソコンへ差し込む必要があるため、その分USBポートを消費します。モバイルノートパソコンはコンパクトな分、USBポートも必要最小限しか付いていないため、マウスでUSBポートを使ってしまっていては、いざUSBメモリにデータを移したいといった場合に困りますよね。

Bluetoothは、人が多くいる地帯で使用すると混線するといった情報も聞きますが、普段使いする分にはまったく問題がありません。私はバッファローのPremiumFitマウスを購入しましたが、快適です。女性なら、Sサイズが手のひらにちょうど収まって、使いやすいと思います。

 

モバイルWi-Fiルータ

外出先で作業をするのに必須なWi-Fi環境。モバイルノートパソコンとマウスを持っていたとしても、それがインターネットに繋がらなければ宝の持ち腐れです。というわけで、モバイルWi-Fiルータも合わせて三種の神器になると思います。

モバイルWi-Fiルータを提供している会社は多くありますが、サービス内容はさまざまです。フリーライターが、モバイルWi-Fiルータ選びで重視すべきポイントは下記の3つとなります。

・データ容量が無制限であること
・速度制限が緩いこと
・月額料金が安価であること

ドコモやソフトバンクなどの大手携帯キャリアもモバイルWi-Fiサービスの提供がありますが、データ容量が有限である時点で候補からは弾かれます。フリーライターは、インターネット上で検索をしながら執筆を進める以上、通信制限は死活問題です。必ず無制限のプランのものを選択する必要があります。

私は、Broad WiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX2₊ W05を契約しました。今から契約するなら、WiMAXよりWiMAX2₊が絶対にオススメです。従来のWiMAXと比較して、WiMAX2₊は通信速度が大幅に増速されています。

ルーズリーフファイル

個人事業主として開業する場合、仕事関係の出費はすべて経費として計上し、確定申告をすることができます。そのため、経費として計上したいレシートや領収書はすべて受け取り、保管しておく必要があります。確定申告の際にレシートを提出する義務はないですが、税務署から問合せがあった際にすぐ提示できるよう、保管する義務があるのです。

そのため、レシートや領収書を失くすことのないよう、ルーズリーフファイルなどを用意し、経費が発生するたび貼り付けて保管することをオススメします。ルーズリーフファイルなら、ページが足りなくなった際に追加することができるので便利です。その年毎にファイルを換えて保管すると、整理できていいと思います。

 

メモ帳

フリーライターのお仕事の種類はさまざまです。タイトルから内容、構成まで決められたうえで依頼されることもあれば、ざっくりとしたタイトルだけ伝えられて、あとは自由に執筆することもあります。また、個人的にブログを運営しているのであれば、そのブログ記事は自分の完全オリジナルです。

といったことから、日頃から記事のネタ探しは必須です。日々の生活の中にアンテナを張っておき、ピンときたものについてはすぐにメモを残すことを心がけています。何気ないところにネタが散りばめられていることもあるため、どんなに小さなバッグでも、最近はメモ帳を欠かすことなく持ち歩いています。

こればかりは個人の趣味なので、お好きなメモ帳を用意すればいいと思いますが、ハイブランドの手帳カバーを掛けて使ったりすると気分がアガるのでオススメです(笑)

 

まとめ

フリーライターは下積みが大変ですが、文章を書くことが苦にならない人であれば、それさえも楽しい作業になると思います。まずは会社員を続けながら、空いた時間に副業目的で始めてみるのもひとつの手です。ご紹介したものさえ用意すれば、誰でも挑戦できる職業だと思います。ぜひ、参考にしてくださいね。

大崎 憂

長いサラリーマン生活に終止符を打ち、2018年4月からフリーライターとして活動中。他にリモート秘書、株式投資など。妊活中。趣味はタスク管理と読書とゲーム(グ...

プロフィール

PICK UP

RELATION

  1. この記事へのコメントはありません。